ポリ子の日記

ポリ子さんの抽象的で感覚的でたまに論理的な日記です。大手メーカ経営企画。海外旅行。哲学。心理学。宗教。政治学。社会学。経営学。美味しいもの。個性。人類。が好きです。

依存しない人なんていないでしょ

 

歳を重ねていても

 

結婚をしていても

 

ちゃんと働いていても

 

 

ぼく〔わたし〕のことを見て!

ぼく〔わたし〕は正しいでしょ!すごいでしょ!

ぼく〔わたし〕のこと好きでしょ!

 

という承認欲求むき出しな人いますね。

  

 

依存心が強い人です。

 

 

依存心が強い人は、幼少期の頃に愛されたという実感がなかったり、

 

周りに頑張りが認められなかったり、

 

承認されていなかったその欲求を満たそうと、今でも渇望してしまうのでしょう。

 

 

でも、依存しない人なんていなくて、

 

自立しているとは、複数の人にバランスよく依存している〔承認してもらっている〕状態なんだと思います。

 

恋人、パートナー、家族、兄弟、友達、子供、同僚、ご近所さん、お客さんとかとか。

 

不安定さがしんどい人は見直しが必要かもね。

 

バランスよい人間関係を!

 

ポリ子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

運命を自分で決められると思っているうちはまだまだですよ

 

どうもポリ子です。

 

 

 

先日、たくさんいる恩師のひとりである大学教授に会ってきました。

 

 

 

 

一度大手商社に就職したにもかかわらず、数年で退職し、身一つでインドネシアの大学へ転職、研究職につかれたかたです。

 

 

 

 10年前に主題の言葉をいただき、実感するにあたり、訪問を決意しました。

 

 

 

聞きたかったことはとくに整理せずにありのままの自分全開でいきました。

 

 

 

心に残った一言。

 

 

 

なぜそんなにまでインドネシアに惹かれたのですか?

 

 

 

というポリ子の質問への、

 

 

 

『んー、難しいですねー、、、

それはなぜ今の妻と結婚したのかという質問に近いです。』

 

 

という答え。

 

 

 

つまり、惹かれあったんでしょうね。

 

 

 

惹かれあうか、一方的に惹かれてしまうか、というのは、職業やフィールドでもあることなんだと思いました。

 

 

人よりフィットすること、つまり得意なこと、天からもらったことでやりたいことを叶えようとするか、

あんまりフィットしないことでやりたいことを叶えようとするか、は

 

夢と執着心の分かれ目なのかもしれない。

 

 

 

ひとつオトナになっちゃったな、と思ったポリ子でした。

 

燃やせ!!!

 

どうもポリ子です。

 

最近、ワンパナソニックという有志の会がよくとりあげられています。

 

 

例にもれず、わたしも先輩にアドバイスを受け、社内で数名の有志の会のようなものを立ち上げました。

 

 

1年ほど、月に何度か集まり、必死になって取り組んできた結果できたもの。

 

 

 

それは社内的には評価されないけど

 

 

とっても大事なもの

 

 

「チーム」でした。

 

 

信頼できるチーム。

 

 

 

わたしが活動にあたり徹底したこと、それはメンバーを信じることです。

 

 

自分の危機感を伝え、恥ずかしがらずにビジョンを話し、遠慮なく仕事をお願いし、気になることは全て口に出して伝え、意見の対立、バカにされることを恐れずにディスカッションする。

チームメンバーが強い意見を持っている場合は、頭ごなしに否定せずに信じて行動にうつす。

 

 

そしてなによりメンバーを変えたこと、

 

それは長所を伝えたことでした。

 

 

1人1時間とり、一対一で、いいと思うところ、特にチームに貢献してくれている点、そして長所をさらに伸ばすために必要だと思うところを伝えました。

 

そして、自分に対してもフィードバックをもらいました。

 

 

たかがそれだけ。

 

 

でも大企業は部門の利害と大人の遠慮がはびこっています。

たかがそれができるチームを作るのに約1年かかっちゃいました。

 

なにより嬉しかったこと。

 

それはチームメンバーの1人が

「課の若手連中を集めて、業務改革をする取り組みをはじめた」と言ってくれたことです。

 

 

稲盛和夫さんは、人は

自燃

他燃

不燃

に分かれる、と自伝でおっしゃっていました。

 

 

なんか変だな、もっとよくならないかな、といった主体性の火は消さないで。

 

燃えるこころを持つ人はきっといるから。

 

伝えましょう、こころの火を。

 

火が大きくなったら周囲の火を燃やしましょう。

 

味方が増えるとそれは大きな炎となり、世の中を変える原動力となるでしょう。

 

 

 

こんなに頑張っているのになにも変わらないですって?

「しかし、いままで、ぼくはずいぶんと闘ってきたが、世の中が変わらないどころか逆に悪くなってきている。」

 

『自分の中に毒を持て。』岡本太郎著より

 

岡本太郎さんのこのフレーズに笑えた。

 

元気でた。

 

自分がちっぽけだと思うところからのスタートなのです。

 

「ぼくは絶対に変わらない社会と妥協しない」

 

『自分の中に毒を持て。』岡本太郎

 

そう、前を向きましょう。

 

ポリ子

 

 

時代を読むべし。波に乗るべし。波乗りを楽しむべし。

 

本日はポリ子さん大工道具博物館行ってきました。

 

縄文時代から江戸時代までの建築と大工道具について学びました。

 

惹かれた事実

 

1.素材と加工技術

法隆寺の建立時代は、100歳以上の大樹がいっぱいあったのでそれを4当分して使っており、樹木には苦労しなかった。〔木はまるまる一本だと割れ目が入る〕いっぽうで、まだノコギリは存在せず、木の切断にはかなりの時間を要した。鉄の加工技術が進化し、薄く木材を削れるようになったため、室町時代の書院造り?が反映した。

 

2.風向き①

竹中工務店は明治あたりに、西洋建築の必要性を感じて神戸に居を移した。 

 

3.風向き②

廃刀令により職を失った多くの刀職人は、大工道具職人へと職を転じた。

 

 

学び

 

1.時代を変えるのは、以前不可能だったことを可能にできる技術であること

 

2.技術の進歩がなにを可能にし、なにを不必要にし、時代はどう変わり、人の生活はどう変わるのかを見極めることが、自分自身の生活〔というか職〕の安定につながる

 

3.大局を見極めるには、10年単位でなく、100年、1000年を視野に入れないといけないこと

 

 

時代を読む、そして変化を起こす、楽しむ。

 

自分自身にある資源

会社にある資源

自分自身の人脈にある資源

技術の進化

人が求めているもの

変わらない本質と変わる常識

 

を活用して、行動しましょ!

 

最近、新事業推進課に異動したポリ子でした。

 

 f:id:journalofpersonnepolie:20170611173948j:image

屋根。

 

 

 

あなたが言われたくない形容詞を3つあげてください

 あなたが、あなた自身に対して言われたくない形容詞を3つあげてください。

 

 

あげましたか?

 

 

それ、あなたの大事にしている価値観です。

 

 

あなたが嫌いな人は、あなたが言われたくない形容詞がつくのでは?

 

 

ちなみにポリ子は、

 

おもんない〔一緒にいてつまらないという意味〕

器がちっちゃい〔人としての容量がない〕

信頼できない〔不誠実、真摯さがない〕

 

です。

 

可愛くない

恐い

せっかち

とか言われるよりよっぽど上の3つのがイヤです。

 

みなさまいかがでしょうか?

 

 

 

ちゃんと現実見なさいね。

 

どうもポリ子です。

 

なんか最近、やりきる力!とか、思考力!とか、考えれば叶う!とか流行っていますね。

 

そこに疑問があります。

 

ほんまに、みんながんばったらなんでもできると思ってんの?

 

ってことです。

 

んなわけないやん。

 

ははん。笑

 

のび太くんは決してお医者さんや、パイロットにはなれません。

 

ベトナムで日本語も英語も堪能な薬学部卒業する女子大学生に会いましたが、彼女は田舎に帰り、働くと言っていました。

 

彼女は能力はあるのに都会でそれを伸ばす資金力がないに違いありません。

 

個人的には我が社に雇いたかった。笑

 

現実、事実、はときに厳しいですが、それを踏まえなきゃいけない。

 

じゃなきゃむしろ目標は叶わない。

 

わたしが言いたいことは、なんでもできるわけじゃないけど、なんにもできないわけじゃないってことです。

 

そうであるしたら、どこを目指せばいいか?

 

天才や、賢い人、というのは、自分や周りや世の中の資源で、どこまでならギリギリ到達できるのかを考え、

 

それに向かって、前に向かって努力をする人だと思います。

 

ギリギリ到達できる目標を決めるのは、大事でかなり難しい。

 

さあ。あなたは、なにがしたいの?

 

なんで?

 

現実はどうなの?

 

なら、こうすればギリギリ叶うんじゃない?

 

あきらめちゃダメ。

 

何度も目標も、それに到達する方法も変えればいいよ。

 

それが一番大事。

 

 

ポリ子でした。