ポリ子の日記

ポリ子さんの抽象的で感覚的でたまに論理的な日記です。大手メーカ経営企画。海外旅行。哲学。心理学。宗教。政治学。社会学。経営学。美味しいもの。個性。人類。が好きです。

こんなに頑張っているのになにも変わらないですって?

「しかし、いままで、ぼくはずいぶんと闘ってきたが、世の中が変わらないどころか逆に悪くなってきている。」

 

『自分の中に毒を持て。』岡本太郎著より

 

岡本太郎さんのこのフレーズに笑えた。

 

元気でた。

 

自分がちっぽけだと思うところからのスタートなのです。

 

「ぼくは絶対に変わらない社会と妥協しない」

 

『自分の中に毒を持て。』岡本太郎

 

そう、前を向きましょう。

 

ポリ子

 

 

時代を読むべし。波に乗るべし。波乗りを楽しむべし。

 

本日はポリ子さん大工道具博物館行ってきました。

 

縄文時代から江戸時代までの建築と大工道具について学びました。

 

惹かれた事実

 

1.素材と加工技術

法隆寺の建立時代は、100歳以上の大樹がいっぱいあったのでそれを4当分して使っており、樹木には苦労しなかった。〔木はまるまる一本だと割れ目が入る〕いっぽうで、まだノコギリは存在せず、木の切断にはかなりの時間を要した。鉄の加工技術が進化し、薄く木材を削れるようになったため、室町時代の書院造り?が反映した。

 

2.風向き①

竹中工務店は明治あたりに、西洋建築の必要性を感じて神戸に居を移した。 

 

3.風向き②

廃刀令により職を失った多くの刀職人は、大工道具職人へと職を転じた。

 

 

学び

 

1.時代を変えるのは、以前不可能だったことを可能にできる技術であること

 

2.技術の進歩がなにを可能にし、なにを不必要にし、時代はどう変わり、人の生活はどう変わるのかを見極めることが、自分自身の生活〔というか職〕の安定につながる

 

3.大局を見極めるには、10年単位でなく、100年、1000年を視野に入れないといけないこと

 

 

時代を読む、そして変化を起こす、楽しむ。

 

自分自身にある資源

会社にある資源

自分自身の人脈にある資源

技術の進化

人が求めているもの

変わらない本質と変わる常識

 

を活用して、行動しましょ!

 

最近、新事業推進課に異動したポリ子でした。

 

 f:id:journalofpersonnepolie:20170611173948j:image

屋根。

 

 

 

なぜ、あいつが嫌いなのか?

 あなたが、あなた自身に対して言われたくない形容詞を3つあげてください。

 

 

あげましたか?

 

 

それ、あなたの大事にしている価値観です。

 

 

あなたが嫌いな人は、あなたが言われたくない形容詞がつくのでは?

 

 

ちなみにポリ子は、

 

おもんない〔一緒にいてつまらないという意味〕

器がちっちゃい〔人としての容量がない〕

信頼できない〔不誠実、真摯さがない〕

 

です。

 

可愛くない

恐い

せっかち

とか言われるよりよっぽど上の3つのがイヤです。

 

みなさまいかがでしょうか?

 

 

 

ちゃんと現実見なさいね。

 

どうもポリ子です。

 

なんか最近、やりきる力!とか、思考力!とか、考えれば叶う!とか流行っていますね。

 

そこに疑問があります。

 

ほんまに、みんながんばったらなんでもできると思ってんの?

 

ってことです。

 

んなわけないやん。

 

ははん。笑

 

のび太くんは決してお医者さんや、パイロットにはなれません。

 

ベトナムで日本語も英語も堪能な薬学部卒業する女子大学生に会いましたが、彼女は田舎に帰り、働くと言っていました。

 

彼女は能力はあるのに都会でそれを伸ばす資金力がないに違いありません。

 

個人的には我が社に雇いたかった。笑

 

現実、事実、はときに厳しいですが、それを踏まえなきゃいけない。

 

じゃなきゃむしろ目標は叶わない。

 

わたしが言いたいことは、なんでもできるわけじゃないけど、なんにもできないわけじゃないってことです。

 

そうであるしたら、どこを目指せばいいか?

 

天才や、賢い人、というのは、自分や周りや世の中の資源で、どこまでならギリギリ到達できるのかを考え、

 

それに向かって、前に向かって努力をする人だと思います。

 

ギリギリ到達できる目標を決めるのは、大事でかなり難しい。

 

さあ。あなたは、なにがしたいの?

 

なんで?

 

現実はどうなの?

 

なら、こうすればギリギリ叶うんじゃない?

 

あきらめちゃダメ。

 

何度も目標も、それに到達する方法も変えればいいよ。

 

それが一番大事。

 

 

ポリ子でした。

人の成功を羨むなかれ

ブログ更新は大変です。たかがブログ更新だけども。

 

0から1にすること

 

 

1から100にすることの難しさは全然違います。

 

 

お金をもらうのは人を幸せにしているからで

 

どれだけたくさんの人を幸せにしているかでもらえる金額が違うのです。

 

本読んだり

レストランで食事したり

洗剤買ったり

 

消費活動ってのは人に幸せにしてもらってるんだなぁと実感します

 

今までだれも感じたこと成し遂げたことがないことで人を幸せにできる人は本当にすごいです

 

それだけの苦しみも絶対にあると思います

 

だから、成功者を羨むのではなく

 自分がどれだけの人に幸せを与えられているのか振り返りが大事だなと思っております

 

0から1にできる人を見つけたら応援しましょ

 

0から1を成し遂げたいと思ったら…

 

どうしたらいいのか一緒に考えましょう

 

ポリ子でごじゃりました。

古い建物ってなんかスゴイ

お久しぶりです。

ポリ子です。

 

先日アンコールワットへ行ってまいりました。

 f:id:journalofpersonnepolie:20170514145508j:image

 

f:id:journalofpersonnepolie:20170514145121j:image

 

そこで感じたことは

 

「古い建物」の魅力と「新しい建物」の魅力が徹底的に違う!

 

ことと

 

どこが違うのか?という点です。

 

 

魅力的な「古い建物」は宗教建築や権力を象徴する建物(法隆寺、タージマハル、アンコールワット、教会等)に多いですね。

 

 

一方で魅力的な「新しい建物」はスーパー、デパート、家等購買意欲を刺激するものが多いですね。

 

 

古い建物で仙人やお札を見てもなにも思わないけど、もし古いお寺で野菜や服が売られていても買う気がしません。

 

 

それは私たちは新鮮なものを吸収して生きていくからでしょう。

 

 

ちなみに、古いな~と思う私の基準は

100年を超えたあたりです。

 

 

それと人間の平均寿命の感覚が80歳というのは関係しているのではないかと思います。

 

1,000年超えてくると、すご~~ってなるよね。

 

 

「古さ」というのは(巨大なもののほうがいいですが)、超人感があり、それはつまり人を支配するもの、権威に近い存在となるのだと思います。

 

 

「古い建物」は人間は求める「永遠」の象徴なのではないでしょうか。

 

 

みんな我がふるさと奈良に行っていただき、法隆寺を見てぜひ永遠を感じてください。

 

 

ポリ子でした。

  

あなたのその感情、人にうつりますから。

はてさて。

 

気持ちっていうのは人から人へ伝染します。

 

心持ちっていうのも人から人へ伝染します。

 

人生へのスタンスっていうのも人から人へ伝染します。

 

だから、優しく明るく人生へ前向きな人に、人は集まります。

 

そこは、ここちよいメンタルオアシス。

 

最近気づいたことは、人の余韻。

 

話してるときは気付かないのに、

 

バイバイした後の余韻ってありますよね?

 

数時間たって、

 

優しい人だったな、とか、神経質そうな人だったな、

 

とか。

 

また会いたいな、とか、しばらく会いたくないな、とか。

 

伝染したその人の気持ちの余韻なんじゃないかなって思います。

 

人と会うと気持ちがうつっちゃうから、

大切な人と会うときはなるべくよい状態で臨みたい。

 

臨もう、なるべく。笑