ポリ子の日記

ポリ子さんの抽象的で感覚的でたまに論理的な日記です。大手メーカ経営企画。海外旅行。哲学。心理学。宗教。政治学。社会学。経営学。美味しいもの。個性。人類。が好きです。

絶望という名の大前提

高校時代、人として大好きだった国語の先生がいました。その先生の話した内容をご紹介します。

 

先生「赤ずきんちゃんがもしこういう終わりだったら?」

 

・・・・

 

あるところに赤いずきんをかぶった女の子、赤ずきんちゃんがいました。

 

じゃ、行ってきます、とお家を出ます。お母さんに言われて、おばあちゃんのところにパンを届けに行くのです。

 

するとそこに狼が。

 

がぶ!

 

赤ずきんちゃんは食べられて死んでしまいましたとさ。

 

・・・・

 

先生「みんなどんな気分になるでしょう?」

 

生徒達「しーん」

 

先生「それはね、絶望という気持ちです。」

 

変な先生です。国語の授業で教えてくれたこと、それは絶望。

 

人はたくさんの前提の中で生きています。明日は晴れだろう、とか、会社は明日も通常営業だろう、とか、彼氏は明日も私を愛しているだろうとか、アメリカは核ミサイルを発射しないだろうとか、なんでも、本当にたくさんの前提の中にいます。

 

その中でも一番大事で意識しない前提。

 

それは、「明日も生きている」という大前提。

 

その大前提が失われたとき、人は絶望すると先生は教えてくれました。

 

メメントモリという忘れられない言葉があります。ラテン語で、死を覚えておけ、という表現。

 

メメントモリ。死を思えば、生が見え、生を思えば、死が見える。」

 

人は常に不安な生き物です。しかし、「明日死んでも後悔しない人生を」、それを受け入れると不安が少しだけ減るのです。

 

だってみんな死ぬんだもん。それって超ホラー。

 

でも、自分が死ぬ不安は、自分で少し減らせるのではないでしょうか。

 

不安が減ると、周囲に人が集まります。不思議です。死を身近に思えて、死を乗り越えた人に大成した人が多いのは気のせいかしら。

 

そう、我々は明日死ぬかもしれない。それは平等。だから、今日までの自分の人生を愛せることって大事だ!

 

宗教じゃないよ。笑