ポリ子の日記

ポリ子さんの抽象的で感覚的でたまに論理的な日記です。大手メーカ経営企画。海外旅行。哲学。心理学。宗教。政治学。社会学。経営学。美味しいもの。個性。人類。が好きです。

自分も他人も知らない自分になる方法

 

宗教みたいな題名です。笑

 

でも、宗教じゃないです。こわがらないで。笑

 

みなさん、人から自分自身についてコメントされたとき、え?そんな風に見えてるの?って思ったことないですか?

 

ちなみにポリ子さんは、

 

この間、課長に「出ているのに打たれない杭だよね、なんかノウハウあるんだろうね」って言われてびっくりしました。そんな風に見えていたのか・・・。

 

大学時代は、いろいろ悩み相談していた際に大学教授に「ポリ子さんも20歳だったんだね」って言われてびっくりしました。20歳よりも年上に見えていたのか・・・。

 

大学時代の親友からは「めっちゃいつも考えてるよね」って言われて、え?みんなは考えてないの?ってびっくりしました。そんな風に思われているのか・・・。

 

まぁ、そういうのあるよね。

 

そういうのメモっておくといいらしい。自分が認識できていない自分のイメージです。

 

例えば、ポリ子さんの第3者見解を超いい感じに超ポジティブにまとめると、「思慮深く、コミュニケーション力が高く、自分の意見をはっきり言う」みたいなことになります。照れます。

 

もちろん自分にとってショックなこともあります。

 

会社の先輩からは、「遠慮してない?」と言われ、え?そんな風に見えてるの…とか。

 

同僚からは、「部下に厳しそうだよね」と言われ、え?そう?怖いのかな...とか。

 

女友達からは、「彼氏いらないオーラでてるよ」と言われ、え?まじか!!!とか。

 

これネガティブにまとめたくないので割愛します。笑

 

そして、それは事実、第3者から見ると、そう見えているのです。

 

ここで登場、ジョハリの窓。じゃじゃーん。

f:id:journalofpersonnepolie:20170303184249j:plain

 

 

私が言っているのは、「自分が気づいていない」×「他人が知っている」という右上の欄「盲点の窓」です。

 

この際、ネガティブなことはどうしようもないので無視しましょう。人間悪いところはそんなにすぐになおりません。

 

私が今回いいたいのは、他人のいう自分では気づいていない「ポジティブな盲点の窓」を信じてみると、自分も他人も知らない「自分のポテンシャル」(未知の窓)が開花するのはないか?ということです。

 

こんな感じ。

f:id:journalofpersonnepolie:20170303193021p:plain

 

 

簡単な例だと、

 

野球が好きで野球に打ち込む、中学2年生の太郎くん。

 

ある日、野球部の練習場にボールが転がってくる。ぽーん、と蹴ってあげると、なんとそのままゴール!「太郎、お前サッカーのがうまいんじゃね?ぎゃはは」と笑う野球部員たち。

 

そしてある日親友が真面目な顔をして、こういうのです「おれ、昔っから思ってたけどお前野球よりサッカーのが向いてるよ」(盲点の窓ですね)

 

さぁ!!!太郎くん、どうする??

 

こんな風に書くとわかりますが、太郎くんは悩みます。

 

「だって、俺野球好きだし…だって、俺小学校2年から野球やってきたし…だって俺、父親も野球が好きで応援してくれているし...」

 

でも、本当にサッカーの天才だったら?

 

他人のいう自分では気づいていない「ポジティブなこと」(盲点の窓)を信じて、自分も他人も知らない「自分のポテンシャル」(未知の窓)に賭けることって怖いんだよね。

 

だって、わかんないんだもん。

 

でも、サッカーやってみたら楽しいかも。いい成績がでるうちに好きになっちゃうかも。

 

本当に才能が有って、才能に努力が重なって、成功して、ワールドカップに出た後に、「あのときの親友の一言なければ、おれはこの場にいません。」ってインタビューに答えてるかも。

 

親友を信じれる?自分を信じれる?チャレンジできる?チャレンジした後に継続してがんばれる?

 

ハードルはいくつもありますね~。

 

でも、ポリ子さんとしてはたまにはチャレンジしてみてもいいんじゃない、って思うんです。

 

あともうひとつは、みんな太郎くんの親友にならなきゃなのです。

 

「あなたのここ、すごい!って思ってたよ」っていうだけで、盲点の窓を開いてあげるだけで、みんな自分のいいところ伸ばしはじめるんだよ。

 

そして、案外みんな盲点の窓に入っていることってたくさんあって、自分で気づいてなかったりするんだよね。

 

この記事が、あなたのちょっとしたチャレンジにつながりますように★

 

画像は以下より引用させていただきました。

potect-a.com