ポリ子の日記

ポリ子さんの抽象的で感覚的でたまに論理的な日記です。大手メーカ経営企画。海外旅行。哲学。心理学。宗教。政治学。社会学。経営学。美味しいもの。個性。人類。が好きです。

日本の災害避難って実は変じゃない?

たまには社会派ポリ子さんでいきます。

依然、ある先生と日本の避難住宅についてお話をさせていただき機会があり、はっ!としたのでご紹介しましょーう。

日本で地震、洪水等が発生した後のよくある光景。

支給された毛布にくるまり、炊出しを食べ、体育館に集まり、大人数で共同生活を営む避難民の方々。総理大臣や天皇が訪問してこられ、握手しているシーン。「今日は寒いので高齢者の方は心配です」と訴えるレポーター。

「うんうん、日本てほんと災害多くて大変だよね!がんばってね!!」と頷く視聴者。

まぁ、そうだね。こんな感じだよね。


ポリ子さんもそう思って先生と話しておりました。

 

ポリ子「災害時、仮設住宅ってなかなかできないですよね~。もっと早く作ればいいのに。」

 

先生「でも仮設住宅は1戸600万程度かかるし、仮設の設置戸数は全壊、全焼、流出世帯の3割以内なんですよね。」

 

ポリ子「全員入れるわけじゃないんですね。」

 

先生「そうそう。自治体もルーティン作業だと思いますよ。しかも神戸の震災の時は入居完了まで半年かかったそう。」

 

ポリ子「えっ?それまでずっと体育館ですか。」

 

先生「そう!日本てGDP世界第3位でしょう。よく考えてみてください。あれが先進国の避難所の姿ですかね?アメリカでは一般に災害時は「仮設」ではなく、既存のホテル等の宿泊施設に入居させるのが常識。避難所に押し込んで、仮設が出来るまで待って、という事は基本的に無し。」

 

ポリ子「そういえば、忘れていましたがホテルがありますね。なんで日本人は近隣のホテルに入らないんでしょうか。」 

 

先生「体育館にいないと情報網から漏れちゃうからです。自治体に必要な届け出とか、避難所にいると色々情報が入手できるから皆あそこにいるのです。」

 

ポリ子「でも、今やインターネットとかありますよね。ipadとか貸し出せばいいですよね。」

 

先生「アメリカではインターネットを通じた自治体とのコミュニケーションが日本より盛んです。日本がいかに非効率なことをしているかわかるでしょう。」

 

ポリ子「ほんとですね!考えたことすらありませんでした。」 

 

先生「しかも、仮設用のプレハブはクオリティーをもっと上げる実力はあるのに、「平等」史上の考えが強く、メーカーによって差が出た場合、わざわざ高い方のグレードを落とす追加工事が行われたこともあるそうです。お弁当が人数分に満たなければ廃棄しちゃうというエピソードもありますね。」

 

ポリ子「日本て…。なんとなく災害対策は進んでいるとばっかり思っていました。社会主義みたい。」

 

先生「災害避難に関する法律ですが、60年前の戦後復興の頃から発想がかわっていないんだと思いますよ」

 

ポリ子「…日本らしいっちゃらしいですが。」

 

はてさてここでは、

 

いわゆる避難作業を実施しているのは積極的に現状より変化させる組織ではない自治体であるという構造的問題、

 

戦後の復興から大きく制度を変更していないルールの問題、

 

災害時避難と言えばしんどく大変で体育館へ行くものだと思っている我々個人の意識の問題が深く絡み合っていると思われます。

 

これを打開するには、個々人の意識が大きく揺さぶられるようなエピソードが生じないと難しいだろうね。

 

 

個人のよりよい暮らし、資産の有効活用をすすめるためにも考え直した方がいいのじゃないか!

 

日本の災害避難。