読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポリ子の日記

ポリ子さんの抽象的で感覚的でたまに論理的な日記です。大手メーカ経営企画。海外旅行。哲学。心理学。宗教。政治学。社会学。経営学。美味しいもの。個性。人類。が好きです。

歳を取っても可愛い人のすごさについて

 

「ポリ子さん、考えすぎじゃない?」という声が周囲から聞こえます。

 

が、考えずにはいられなかった。

 

ポリ子さんご贔屓の美容院。

美容師さんも結構考える方で、やったるで感もある方で、最近独立、開業された方です。40歳男性。

話していて面白いです。

 

そんな美容師さんが発した言葉。

「やっぱ、女性はさ〜年取ると可愛いを成り立たせるの難しいよね。きれい系のほうが多いよね。」

 

むむむ?きれいとかわいいと年齢の相関関係だと?果たしてそうなのか?

 

れい

 

 

かわいい 

 

は何が違うんだー!!!

 

ってことで考えすぎですが考えたので紹介します。

 

もちろん、綺麗かつ可愛いっていう事象はあります。だぶりあり。しかし、二つを違ったものとして成り立たせる条件があるはず。

 

それはなにか?

 

どどーん!

 

それは、均整および整合性の有無です。

 

れい とは 人を魅了し、かつ均整、整合の取れたもの

 

であり

 

かわいい とは 人を魅了し、かつ均整、整合が取れていない、つまり、なにか欠いている、もしくは合っていないものである。

 

と結論付けてみました。

 

 

人が、あの人きれいだな、とか、綺麗な景色だな、綺麗なデザインだな、綺麗な動きだな、と感じるときは、自分の中にある美とかでも、TPOでもいいので、何かと何かが、バランスしているとき、もしくは合致しているとき、ではないでしょうか。

 

綺麗がどことなくさみしい感じがするのもちょっと分かりますね。均整、つまり完璧に近いものは、余地がないからです。

 

一方で、

かわいい人、かわいい笑顔、かわいい動作、かわいいデザインとは、どことなくイビツだったり、特徴的だったり、面白かったり、小さかったりと、均整、整合がくずれたものではないでしょうか。

 

つまり、年をとってもかわいい人、というのは!!

 

年をとるにつれ、社会での整合性や、個人単体での均整を求められるなかにおいて、どこかアンバランスな部分を持ちながらも人を魅了する人物となります。

 

少年、少女の部分を残していたり、素直だったり、冗談が上手かったり、茶目っ気があったり、小さかったりと、なんだかよくわからないけど、惹かれちゃう、それが可愛さなのではないか!!

 

そりゃ難しいわって思ったポリ子さん。

 

年をとっても可愛い人は、素晴らしい感性で均整や整合性を欠き、人を魅了しているのです。

 

すげー。

 

尊敬!

 

では。