ポリ子の日記

ポリ子さんの抽象的で感覚的でたまに論理的な日記です。大手メーカ経営企画。海外旅行。哲学。心理学。宗教。政治学。社会学。経営学。美味しいもの。個性。人類。が好きです。

カリスマさん

彼は決して美貌に恵まれてはいなかった

 

彼の顔は見方によってはやや賢くとも

 

見方によってはやや冷たくともとれた

 

 

彼は決して知識が豊富というわけではなかった

 

知らないこともたくさんあるようだった

 

よく本を読んでいた

 

 

彼は決して口数が多いほうではなかった

 

話す必要があれば話すが

 

ペラペラとおしゃべりではなかった

 

 

彼は決して体格がよいほうではなかった

 

若干日焼けしているものの

 

いわゆる中肉中背だった

 

 

彼は決して裕福ではなかった

 

身なりはきちんとしていたが

 

いい服を着ているわけではなさそうだった

 

 

しかし

 

 

彼にはひとつだけ才能があった

 

 

 

絶望を希望に変える魔法が使えた

 

 

借金でもうだめだと話す友人に職を探す方法を提供した

 

夫からの無関心で悲しむ妻へは話を聞き長所を褒めた

 

学校でいじめられると話すこどもとは友人になった

 

ひたすら力仕事にあけくれる男には冷たい水を提供して、いつか建つであろう彼が作る建築物について語り合った

 

 

彼が語る未来はいつも明るく、それを語る彼はいつも熱っぽく、彼は私達の力になってくれるのだ、と信じることができた

 

 

周囲の人は、また彼に会いたいと感じた

 

 

ついに、彼は、このままの世の中ではいけない、社会をよりよくしていきたいと具体的に語るようになった

 

彼が語る未来を、私も一緒に作らせてはもらえないだろうか、と感じる仲間がいた

 

彼は言った

 

ぜひ、一緒にやろう

 

よし、ついてこい

 

付いて行った友人は一生懸命彼とともに働き、大変な苦労があったが、彼はいつも周囲を讃え、明るい明日を語るのだ

 

 

苦労なんて感じなかった

 

 

むしろなんだか楽しそうだと周りで見ていた人々までもが彼に尋ねた

 

一緒にやらせてはもらえないかと

 

彼はいつも即決した

 

 

ぜひ、一緒にやろう

よし、ついてこい