読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポリ子の日記

ポリ子さんの抽象的で感覚的でたまに論理的な日記です。大手メーカ経営企画。海外旅行。哲学。心理学。宗教。政治学。社会学。経営学。美味しいもの。個性。人類。が好きです。

転職活動の3つの軸

今日はポリ子さん某食品メーカーから某外資消費財メーカーに転職した友人とランチに行って参りました。

 

最近は転職する人も、転職者を望む企業も多いらしい。

 

 

はてさて、転職活動には3つの軸があると思います。

 

まず1つ目は、自分のできること。

 

自分の市場価値は切り口によって変わります。

 

例えば、

母国で就職が難しかったイギリス人が日本で英会話教師になったり

大企業の面接でことごとく落ちまくるか弱そうな美女が合コンでモテモテで挙句にお金持ちと結婚して収入を得たりと

まぁなんでもそうです。

 

転職活動は、今ある会社における自分の価値〔将来価値〕を捨て、市場価値を確認することでもあります。

 

それは、新卒よりもさらに今「できること」で評価されます。

 

見た目なり、経歴なり、面接なりで、あんたなにできんの?と。

 

大企業は、大きいので分業がかなり進んでおり、例えばわたしの会社でもメーカーなのに社宅や寮の不動産業務オンリーの人とか、建設業法対応オンリーの人とかいます。まぁそこで三年なりを過ごすわけです。

 

すると、出来ることがかなり限定的になっちゃう。

 

それでいざ市場に出たときに、果たして価値はどうなっているのか?

 

こわ!!

 

はい、1つ目の軸は、出来ること。

で、これは企業側の責任が結構大きい。

 

ランチをした友人も海外業務をしたかったのに四年も国内営業で過ごし転職活動にかなりの影響を与えたそう。

 

次の軸は、やりたいこと。

 

これはちゃんと考えないとね。給与下がる場合もあるし。

 

最後は、あったほうがいいこと。

 

住みやすい環境なり、給与なり、家族との近さなり色々ありますわね。

 

これの最大公約数を取りたくなるんだけど、なかなか難しいんだよね〜。

 

そして1番悲しいのが、いつの間にやらできることが制限されて、やりたいことが出来なくなっていくこと。

 

いやいや、めっちゃやりたいなら起業なりすぐ転職するなりすればいーやんと言われそうだけど、

 

みんな高校いくからいく、みんな大学いくからいく、みんな大企業に入るから入ると、意外と社会のシステムは無意識に決断を迫ってくるのでなかなか難しいような気がします。

 

みんなが西に向かう中、東に向かうことを褒める社会じゃないしね。

 

日本にもポテンシャルを秘めた学生はたくさんいて、それを最大限に活用するのは大企業にとってもメリットのあることだと思います。

 

本人のポテンシャルを見抜いて、チャレンジングな場を与える責任が企業にはあると思うポリ子さんでした。

 

ちゃんちゃん。