ポリ子の日記

ポリ子さんの抽象的で感覚的でたまに論理的な日記です。大手メーカ経営企画。海外旅行。哲学。心理学。宗教。政治学。社会学。経営学。美味しいもの。個性。人類。が好きです。

燃やせ!!!

 

どうもポリ子です。

 

最近、ワンパナソニックという有志の会がよくとりあげられています。

 

 

例にもれず、わたしも先輩にアドバイスを受け、社内で数名の有志の会のようなものを立ち上げました。

 

 

1年ほど、月に何度か集まり、必死になって取り組んできた結果できたもの。

 

 

 

それは社内的には評価されないけど

 

 

とっても大事なもの

 

 

「チーム」でした。

 

 

信頼できるチーム。

 

 

 

わたしが活動にあたり徹底したこと、それはメンバーを信じることです。

 

 

自分の危機感を伝え、恥ずかしがらずにビジョンを話し、遠慮なく仕事をお願いし、気になることは全て口に出して伝え、意見の対立、バカにされることを恐れずにディスカッションする。

チームメンバーが強い意見を持っている場合は、頭ごなしに否定せずに信じて行動にうつす。

 

 

そしてなによりメンバーを変えたこと、

 

それは長所を伝えたことでした。

 

 

1人1時間とり、一対一で、いいと思うところ、特にチームに貢献してくれている点、そして長所をさらに伸ばすために必要だと思うところを伝えました。

 

そして、自分に対してもフィードバックをもらいました。

 

 

たかがそれだけ。

 

 

でも大企業は部門の利害と大人の遠慮がはびこっています。

たかがそれができるチームを作るのに約1年かかっちゃいました。

 

なにより嬉しかったこと。

 

それはチームメンバーの1人が

「課の若手連中を集めて、業務改革をする取り組みをはじめた」と言ってくれたことです。

 

 

稲盛和夫さんは、人は

自燃

他燃

不燃

に分かれる、と自伝でおっしゃっていました。

 

 

なんか変だな、もっとよくならないかな、といった主体性の火は消さないで。

 

燃えるこころを持つ人はきっといるから。

 

伝えましょう、こころの火を。

 

火が大きくなったら周囲の火を燃やしましょう。

 

味方が増えるとそれは大きな炎となり、世の中を変える原動力となるでしょう。