ポリ子の日記

ポリ子さんの抽象的で感覚的でたまに論理的な日記です。大手メーカ経営企画。海外旅行。哲学。心理学。宗教。政治学。社会学。経営学。美味しいもの。個性。人類。が好きです。

運命を自分で決められると思っているうちはまだまだですよ

 

どうもポリ子です。

 

 

 

先日、たくさんいる恩師のひとりである大学教授に会ってきました。

 

 

 

 

一度大手商社に就職したにもかかわらず、数年で退職し、身一つでインドネシアの大学へ転職、研究職につかれたかたです。

 

 

 

 10年前に主題の言葉をいただき、実感するにあたり、訪問を決意しました。

 

 

 

聞きたかったことはとくに整理せずにありのままの自分全開でいきました。

 

 

 

心に残った一言。

 

 

 

なぜそんなにまでインドネシアに惹かれたのですか?

 

 

 

というポリ子の質問への、

 

 

 

『んー、難しいですねー、、、

それはなぜ今の妻と結婚したのかという質問に近いです。』

 

 

という答え。

 

 

 

つまり、惹かれあったんでしょうね。

 

 

 

惹かれあうか、一方的に惹かれてしまうか、というのは、職業やフィールドでもあることなんだと思いました。

 

 

人よりフィットすること、つまり得意なこと、天からもらったことでやりたいことを叶えようとするか、

あんまりフィットしないことでやりたいことを叶えようとするか、は

 

夢と執着心の分かれ目なのかもしれない。

 

 

 

ひとつオトナになっちゃったな、と思ったポリ子でした。