ポリ子の日記

ポリ子さんの抽象的で感覚的でたまに論理的な日記です。大手メーカ経営企画。海外旅行。哲学。心理学。宗教。政治学。社会学。経営学。美味しいもの。個性。人類。が好きです。

はい、空気です。

 

なんですか、またあなたですか。

 

今日はずいぶんと悩んでらっしゃるようですね。

どうぞ、お掛けになってください。

 

わたくし、空気なので、かげもかたちもないですが、解決の手がかりになりそうなことがありましたらお力になりますよ。

 

ふーむ。

 

なるほど、会社のあなたのチームの話し合いのことですか。

確かにそうですね、わたしよく呼ばれますね。

 

はははは。

 

よくわかります。確かにあまりよい雰囲気ではない。

 

あなたの上司のことでしょう。

 

確かにわたしは彼の言いなりで、みなさんの口が開かないように、重くのしかかっています。

 

みなさん、わたしのことすごく気になさっているので、とても居心地がよいですねぇ。

 

え?

 

いや、わたしを非難するのは御門違いですよ。

わたしはその空間の支配者に従うまで。

 

はははは。

 

だから言っているでしょう。

わたしは、かげもかたちもないのです。

 

さて、

 

ではあなたは

 

どうしたいと思われてるのですか?

 

 

場合によっては、彼の支配力を低下させる術をお伝えいたしますよ。

 

 

なるほど。

あなたの後輩達がくすぶっていて、モチベーションがわいていない、

加えて、上司の仕事も独断的であるように感じると。

このままではいけないと感じられているのですね。

 

 

分かりました。

 

 

では、お力になりましょう。

 

 

ただし、今からお伝えすることを必ず実行してくださいね?

 

 

でなければ、お伝えいたしません。

 

 

 

 

わかりました。今のお言葉お忘れなきように。

 

 

 

では、

 

 

 

まず、辛抱強く、周りからの好かれるように、感じよく、親切に、明るく振舞ってください。

 

 

できれば、その上司よりも、そのチームの誰よりも、一番好かれるのです。

 

 

なに、時間はかかりますが、あなたが自ら周りの人を愛せば、好意は返ってきますよ。

 

 

え?

 

当たり前じゃないですか。

甘えたことを。

上司は権力を持っているのですよ。

 

 

対抗するには代わりのパワー、つまり、人気や信頼が必要なのです。

 

 

わたしがそんなに簡単に操れるなら、みなさん苦労していません。

 

 

分かりましたね?

 

 

さて、次です。

 

 

話し合いの場の準備です。

 

話し合いのテーマについて誰よりも勉強してください。

 

学び、そして、分析し、考え、調べ、出来れば書き落としてください。

 

知性、を感じさせるのです。

信頼感に知性は重要な意味を持ちます。

 

何度もいいます。わたしを操ることは大変です。

 

仕方ありません、あなたのチームはわたしのことを気にしすぎる人が多い。

 

 

しかし、最後は簡単です。

 

いよいよ実際の話し合いの場においてです。

 

 

わたしが支配していると感じたとき、

 

 

一滴の水をさすのです。

 

 

はははは。

 

比喩ですよ。

 

 

あなたらしいやり方でいいのですが、

例えば、感じよく、少しだけ、笑い声を出してみてください。

 

 

わたしが少しだけ弱まります。わたしは水に弱いですからね。

 

そして、とどめです。

 

 

周りに質問をしてください。

 

自分の意見を言うのでなく、自分の意見が回答になるような質問を投げかけるのです。

 

 

まだよくわからないかもしれませんが、徐々に分かってきます。

 

即効性が欲しければ、とりあえず水をさすだけでもいいですよ。

 

え?

 

あぁ、よくお分かりですね。

人気や信頼がないと 、わたしが読めないと思われたりする場合もあるのでご用心を。

 

 

私を操るのは大変なのです。

 

 

ははは。