ポリ子の日記

ポリ子さんの抽象的で感覚的でたまに論理的な日記です。大手メーカ経営企画。海外旅行。哲学。心理学。宗教。政治学。社会学。経営学。美味しいもの。個性。人類。が好きです。

お久しぶり、空気です。

 

あれ?お久しぶりですね。

どうですか、空気は上手くマネジメントできるようになりましたか?

 

ははは。

まぁ難しいですよね。

 

私をマネジメントしようと発想してるだけ、少なくとも人類の中で頭一つでているといえますね。

 

え?日本ですか?

 

そうですね、海外に比べると頭が出てるヒトは少ないですよ。

 

例えばですね、所謂ある民族というか、ある集団意識のある方々は、「満場一致は再審議」というルールがあるそうな。

いやはや、大変人間の特性が分かったルールですよね。

満場一致は有り得ない、満場一致する場合はなにか変な力が働いていると。再審議すべきだということです。

変な力は私である場合があるわけです。

 

 

ほぅ。賢いですね。おっしゃる通りです。

ディベートは私が生み出されにくくなる一つの方法です。

調査や論理武装に時間をかけ、私を無視できる。

 

あなたは私に興味が尽きないようですね。

あまり踏み込むと戻ってこれなくなりますよ。

 

人は、思う、信じる、知っている、無意識の順で、自分のなかに深く知識やルールを根深せていくわけです。

 

ある調査では、人は18歳くらいまでで下界の情報を固定してしまうそうな。

言語の習得が難しくなる時期ですね。そこで固定してしまうと、新たな世の中の仕組みやルールを受け入れにくくなる。

 

常識とは前提条件の思い込みである、ということです。

 

 

混乱されてきましたか?

 

ははは。

 

興味を持たれたら、あなたたちの歴史や宗教を学んでみてはいかがです。

 

なにせいくら科学技術が発展しても、あなたたち人間は2000年以上目覚ましい生物的進化はしていないのです。

 

 

わたし、空気も2000年以上変わらぬ姿で、条件さえ整えば参上しております。

 

いやいや。

私はかなりヒントを与えていると思いますよ。

 

また、あなたが少し頭一つ上がれば、お話しましょう。